ご予約・お問い合わせは
トヨタレンタリース新札幌予約センターへ

0120-511-620

トヨタレンタリース新札幌

北海道でのレンタカー旅行、運転する際に注意したいこと

グルメ旅行やレジャー旅行など、オールシーズン楽しめる北海道では、長期滞在をして各観光スポットを巡る旅が人気です。中でもレンタカーでの移動がメインの旅では、広大な土地ならではの運転に注意が必要です。広い道路で走行しやすい分、無意識にスピードが出てしまううえ、市街では景色に見惚れてよそ見運転が多発しています。特に秋から春先にかけての運転で気をつけたいのが圧雪バーンです。

ブラックアイスバーンに注意!

ブラックアイスバーンに注意!

道路にある雪が踏み固まることで滑りやすくなる「アイスバーン」という雪道特有の現象が起きます。特に、トンネルの出入り口付近は日が当たらないため、雪が溶けて路面がアイスバーン状態になっていることが多くあります。急ブレーキ、急ハンドル、急発進、急加速などの運転を行うと、スリップする危険性が高く、事故に繋がるため注意しましょう。

最も注意していただきたいのが、アスファルトが濡れているように見えるブラックアイスバーンです。普通のアスファルトだと思っていても、薄い氷があり上を通過するととても滑ります。滑ったことで対向車線に侵入し、事故になる場合もあるため注意しましょう。

ホワイトアウトに注意!

ホワイトアウトに注意!

季節風による吹雪や台風並みの低気圧がもたらす雪で、完全に視界が遮られてしまう現象です。ホワイトアウトの時は対向車だけでなく、道路の境目も見失うとても危険な状態です。遭遇した場合はハザードランプを点灯させてすぐに停車し、収まるまで停車するようにしましょう。

どうしても走らないといけない場合は、必ず徐行を行い、対向車にも分かるようにライトをつけてください。また、前に車が走っている場合は、いつもの2倍以上の車間距離をあけるようにすると、事故を未然に防ぐことができます。

雪の多い北海道では、すぐに止まろうと思っても中々止まれません。車間距離を詰めてしまい、急ブレーキをすることでスリップが起こってしまいますので、余裕のある運転を心掛けましょう。

雪道で事故を起こさないためには、安全運転を心掛けることが重要です。トヨタレンタカーでは北海道の雪道も安定して走行できるように4WD車を多くの車種でご用意しております。新千歳空港にてレンタカーご予約の際はぜひ、ご利用ください。北海道内22店舗にて承っていますので、出発店舗とは違う別の店舗への乗り捨ても可能です。価格や車種で気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。