ご予約・お問い合わせは
トヨタレンタリース新札幌予約センターへ

0120-511-620

トヨタレンタリース新札幌

北海道旅行、気候や服装について

日本三大歓楽街の「すすきの」がある札幌市は、年間気温が9℃以下と全国主要都市の中で最も低いです。そのため旅行をする際は、服装で悩まれる方は多いと思います。また、それぞれの地域によっても若干気候が異なり、昼夜の寒暖の差が激しい土地もあります。旅行中に風邪をひかないよう、万全の準備をおすすめします。

春(4月~6月)

春(4月~6月)

雨も少なく比較的安定した日が続きますが、季節の変わり目であることから気温の変化が激しい日も多く、日中は暖かくても朝晩は冷え込むこともあります。

ジャケットや薄手のコートは必須で、帽子や手袋、マフラーがあると、より快適に過ごせます。

夏(7月~8月)

夏(7月~8月)

北海道の夏の平均気温は20℃前後で、とても過ごしやすいです。基本、日中は半袖でも大丈夫ですが、夕方は気温が下がるため、夜間や海がある街を歩くなら念のため羽織るものを1枚用意しておくと安心です。

雨天や曇天時には、8月でも最高気温が15℃を下回ることもあり、極端に気温が下がる場合もあります。

秋(9月~10月)

秋(9月~10月)

日没も早くなる秋に入ると、徐々に気温が下がり始めます。日中でも肌寒く感じる日が多くなり、朝晩の寒さは特に厳しくなります。

9月は山の天気も変わりやすく、雨が降りやすい時期でもあるため、念のため雨具を用意してことをおすすめします。紅葉目当てで登山などをする場合には、十分に注意が必要です。

冬(11月~3月)

冬(11月~3月)

真冬になると地域によっては-20℃以下も珍しくありません。厚手のインナーをはじめ、ダウンやコートなど、防寒に優れた上着が必要で、足元も靴底が冬仕様の靴(防水性のある靴)や滑り止めをつけるなど、しっかり準備しましょう。

また、建物や乗り物の中は暖房がきていて、屋内外の気温差が大きくなります。公共交通機関またはレンタカーでの移動、暖房設備の整った室内滞在が多い場合は、着脱しやすい洋服を着ておくと安心です。

北海道で車をレンタルするなら、北海道内のトヨタレンタカー店へ乗り捨てが可能な、トヨタレンタカーにお任せください。札幌・すすきのはもちろん、新千歳空港やニセコなど、多くの店舗で予約を受付しています。観光に便利な乗り捨てレンタカーは、自由度の高さから北海道旅行で人気ですので、価格などご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。