乗り捨て(ワンウェイ)レンタカーの魅力

レンタカーを借りた店舗以外でもレンタカーを返却できる!

レンタカーを借りた店舗以外でもレンタカーを返却できる!

乗り捨て(ワンウェイ)サービス」は、返却店舗を選べるため、観光やビジネスの自由度が広がり多くの方にご利用されています。乗り捨てサービスを上手く活用すれば移動がより快適になります。

観光シーンでのメリット

借りた店舗に戻る必要なし!同一エリア内は無料!

借りた店舗に戻る必要なし!同一エリア内は無料!

乗り捨て(ワンウェイ)レンタカーを利用することで、旅行プランのアレンジが楽しめます。例えば、行きは新千歳空港へ飛行機で移動。そこからレンタカーを利用して道内観光を満喫して、帰りはいま人気の北海道新幹線で。こんな楽しみ方も乗り捨て(ワンウェイ)レンタカーを利用することで可能です。

また、宿泊先の札幌市内のホテル近郊の店舗でレンタカーを借りて、小樽や富良野などの観光を楽しんで、そのままお土産などの荷物を積んだまま新千歳空港店舗で返却することで荷物を持っての移動が軽減されます。返却可能店舗は、北海道内各所にございます。店舗一覧の返却店舗一覧からご確認いただけますのでご旅行プランに合わせた店舗をお選びください。

無料のエリア、乗捨て料金を確認する

レン旅

ビジネスシーンでのメリット

効率良く訪問先に移動できる!同一エリア内は無料!

効率良く訪問先に移動できる!同一エリア内は無料!

出張等でレンタカーを利用する際、『宿泊先ホテルの近辺で車を借りて、空港で返却したい』そんな時に便利なのが乗り捨て(ワンウェイ)サービスです。当社は新千歳空港ほか各地の空港周辺に返却可能店舗がありますので、目的地近くに返却店舗があれば乗り捨て可能です。広い北海道での観光やビジネスシーンで、乗り捨て(ワンウェイ)レンタカーは移動の強い味方になります。

無料のエリア、乗捨て料金を確認する

トヨタレンタカーでは札幌市内・新千歳空港・ニセコ・小樽などのほか、北海道内の各種エリアでレンタカーの貸し出しを行っています。店舗に関しては「店舗一覧」をご参照ください。車種・料金・オプションなど、サイト内の「ご利用ガイド」に細かく記載していますので、ぜひご参照いただきご予約ください。

レンタカーで行く、札幌おすすめのドライブスポット

札幌にはドライブに適したスポットがたくさんあります。北海道に旅行で訪れた際には、こちらのドライブスポットに立ち寄ってみてはいかがですか。トヨタレンタカーでは、札幌市内のホテル併設の店舗が3店舗、その他札幌駅周辺を始め、市内中心部にさらに3店舗があり、札幌市内でレンタカーを借りて市内を廻ったあと、北海道を周遊するのにも便利です。返却時は、乗り捨てレンタカーのサービスをご利用いただくことで旅の自由度が広がります。

藻岩山展望台

藻岩山展望台

藻岩山展望台は札幌市中央区伏見にある観光名所で、デートスポットとしても有名です。藻岩山の山頂に設置されている展望台からは、札幌市の美しい街並みを眺めることができます。

また、藻岩山展望台には幸せの鐘があり、その周りの手すりには愛の南京錠を取り付けられるようになっています。南京錠は、カップルの名前を書いて手すりに取り付けると、そのカップルは分かれないという伝説があります。

夜間も札幌の幻想的な夜景を見ることができますので旅の思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか。

札幌芸術の森

札幌芸術の森は札幌市南区にある総合芸術施設で、芸術と文化のシンボル的な場所として人気があります。園内には緑豊かな自然と美術館、体験工房、野外ステージ、有島武郎旧邸などがあり、美術館では展示会などが行われているので、数多くのアート作品を鑑賞することができます。また、体験工房では陶芸品などのものづくりが体験できるため、自分だけのオリジナル作品を作ることも可能です。7月から8月にかけてはPMF国際教育音楽祭も開催され、野外ステージでのコンサートも行われます。

札幌市円山動物園

札幌市円山動物園

札幌市円山動物園は札幌市中央区宮ヶ丘にある円山公園に隣接した動物園で、観光客だけでなく地元の方にも人気のスポットです。

園内にはアムールトラやシンリンオオカミ、フンボルトペンギン、ゼニガタアザラシ、エゾタヌキなど実に様々な種類の動物がいますので、子どもから大人まで楽しむことができます。

また、体験型イベントや期間限定イベントなども行っていますので、訪れた際はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

レン旅

北海道でレンタカーを利用したい方は、トヨタレンタカーにお任せください。新千歳空港や札幌駅、ニセコなどの店舗にて予約受付をしており、お手軽な軽自動車から人気のハイブリッドなどバリエーション豊富に取り揃えております。乗り捨てサービスにも対応しておりますので、ぜひご利用ください。

北海道旅行でレンタカーを借りる時もチャイルドシートは必要?

レンタカーに乗って、家族と楽しく北海道旅行したいとお考えの方もいらっしゃると思います。旅先でも6歳未満のお子様を車に乗せる場合は、レンタカーであってもチャイルドシートを着用する必要がありますので、レンタカーを予約する際は必ずチャイルドシートをご予約ください。

チャイルドシートは大きく分けて3種類ある

チャイルドシートは、生後9ヶ月頃まで使用できる「ベビーシート」、生後9ヶ月から4歳頃までを対象とした「チャイルドシート」、4歳から10歳頃までを対象とした「ジュニアシート」と3種類あります。使用する際は、お子様の年齢に合わせてお選びください。

▼ ベビーシート(乳児用)

生まれてからすぐに使用できるベビーシートは、進行方向後ろ向きで使用するタイプです。新生児に無理がかからないように、背もたれが45度の傾斜になっているものが多いのが特徴です。

▼ チャイルドシート(幼児用)

チャイルドシートは、進行方向前向きで使用するタイプです。これまで後ろ向きのベビーシートに乗っていた赤ちゃんも前向きになり視界が広がるため、お子様の機嫌が取りやすいというメリットがあります。新生児よりも体の大きな幼児の安全性を確保するためには、よりしっかりと固定することが大切です。

▼ ジュニアシート(学童用)

ジュニアシートは、ベビーシート・チャイルドシートとは異なり、お子様を車のシートベルトで直接ホールドします。車の座席にシートを置くだけなので、自由度が高く、手軽に使えるのが特徴です。座面だけのシートと背もたれ付きのシートの2種類あります。

チャイルドシート料金表はこちら

チャイルドシートの着用は法律で義務付けられている

チャイルドシートの着用は法律で義務付けられている

6歳未満の幼児にチャイルドシートを着用させることは、道路交通法によって義務付けられています。義務付けられている理由としては、幼児は大人とは違い自身の身を守ることができないので、車に乗っている時の安全性を向上させるためです。

仮に6歳未満の幼児にチャイルドシートを着用させなかった場合、法律違反となり反則金などはありませんが、違反点数が1点加算されます。

チャイルドシートをご予約のお客様への注意点

チャイルドシートを取り付ける際の注意点

チャイルドシート・ベビーシート・ジュニアシートの装着確認はお客様の責任において実施していただきますようお願いいたします。

5名定員の普通乗用車に大人3人、6歳以下のお子様が2人、合計5名様ご乗車の場合、ご乗車はできますが、チャイルドシートの形状によりお席のスペースが狭く感じる事がございます。

チャイルドシートをご希望のお客様はお車の車種、チャイルドシートの数、乗車人数をご考慮して頂きご希望のお車をお選び下さい。ご不明な点がございましたらお手数ですが、ご利用店舗までご連絡下さい。

お子様も一緒に北海道観光を楽しみたいという方は、ぜひトヨタレンタカーをご利用ください。新千歳空港・札幌駅周辺・ニセコなど、北海道内全22店舗のお店でトヨタレンタカーの予約をお受けいたしております。ベビー・チャイルド・ジュニアシートもご用意しており、お得な乗り捨てサービスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

レンタカーを借りる際の注意点

レンタカーを借りる際は、いくつかの注意点があります。より快適な旅行にするためにも、ぜひ押さえておきましょう。

免許証を忘れずに!

免許証を忘れずに!

普段バスや電車など、交通機関を利用していることが多いという方は意外と忘れがちです。レンタカーを借りる際は、運転される方全員分の免許証の提示が必要です。忘れずにお持ちください。

保険や補償内容を確認しよう

レンタカーには自動車保険が掛けられており、相当の損害でなければロードサービスの実費や免責補償料、ノンオペレーションチャージ(NOC:休業補償)の支払いで済むことがほとんどです。トヨタレンタカーにおいては、免責補償も任意で加入できますのでご確認ください。各種、保険・補償等に関するご案内はこちらをご参照下さい。

返却時間を確認しよう

レンタル時間が超過した際は、超過料金が掛かりますので返却時間を確認しておきましょう。店舗は新千歳空港や札幌駅(北口・南口)など北海道内全22店舗ありますが、各店舗で営業時間が異なるため、レンタル最終日はお気を付けください。店舗の営業時間等はこちらをご参照下さい。

“借りる店舗”と“返す店舗”を事前に決めよう

ワンウェイシステムは、ご予約時に“借りる店舗”と“返す店舗”を選ぶだけで、借りた店舗以外の店舗でも車を返却できます。例えば、新千歳空港で車を借りてグルメやショッピングを楽しんだ後、帰りは札幌駅で乗り捨て返却するなど、便利にご利用いただけます。ワンウェイシステムをご利用の際は、事前に“借りる店舗”と“返す店舗”を決めておきましょう。ワンウェイシステムに関する詳細はこちらをご参照下さい。

ETCについて確認しよう

ETCについて確認しよう

トヨタレンタカーでは、全車ETCが標準装備です。ETCカードをお持ちの方は忘れずにご持参下さい。もしお忘れの場合はカードのレンタルも実施していますのでご活用下さい。

ETCの設置場所や操作方法等、ご不明な点がありましたら出発前にスタッフが親切丁寧にお教えいたしますので、ぜひご質問ください。ETCカード貸出サービスの詳細はこちらをご参照下さい。

札幌駅付近でレンタカーをご利用するなら、トヨタレンタカーをご利用ください。トヨタレンタカーなら、観光に便利な乗り捨てシステムをご利用いただけます。また、冬の間はスタッドレスが標準装備されていますので安心です。心よりご利用をお待ちしています。

ガソリン代を節約!燃費を抑える運転方法とは

燃費は、運転の仕方や道路状況によっても大きく変わります。レンタカー旅行観光をより楽しむためにも、ここではガソリン代の節約術をご紹介いたします。

発進時のアクセルはゆっくりと!

発進時のアクセルはゆっくりと!

信号が変わって発進する際は、アクセルはゆっくりと踏み込みましょう。深くアクセルを踏み込んで急発進すると、ガソリンの消費が激しくなります。優しい発進を心がけることで、危険運転が減り、燃費も改善します。

エンジンブレーキを活用しよう!

停車時に、上手にエンジンブレーキを活用すると燃費向上に繋がります。手前の信号が赤になると分かった場合、信号手前でブレーキを踏むのではなく、エンジンブレーキで減速してからフットブレーキを踏んで停止したほうが燃費に良いです。

余分な荷物は積まないようにしよう!

後部座席やトランクに、余分な荷物を積んでいませんか。車重が増えると燃費をはじめ、ブレーキ・加速・ハンドリングなど全てに悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、余分な荷物はなるべく積まないようにしましょう。

流れに乗って一定の速度を保とう!

流れに乗って一定の速度を保とう!

必要以上にアクセルやブレーキを操作すると、燃費が悪くなります。十分に車間距離をとり、アクセルを一定に保ちながら、一定の速度で走り続けるほうが燃費の向上に繋がります。十分な車間距離があれば、とっさの対応もしやすくなり、安全運転にも繋がります。

北海